デヴィッド・ギルモアによる、新作『邂逅』で使用したアコースティック・ギターの解説動画が公開!

デヴィッド・ギルモアが9年ぶりの新作『邂逅』を2024年9月6日(金)にリリースする。そして、そのレコーディングで使用したギターについて自ら解説する動画シリーズ、「David’s Guitars」がYouTubeのDavid Gilmour公式チャンネルにアップされた。

第一弾は、娘のために名匠トニー・ゼマイティスが手がけたアコースティック・ギター=“The Alice Guitar”について。

ラウンドホール仕様でパーラー・サイズの1本。1970年代後半に娘の“アリス”のために作られたものだが、レコーディングでは今回の新作で初めて使われたそうだ。

動画内でのギルモアのコメントを紹介しよう。

これもまたちょっといい感じのギターだ。トニー・ゼマイティスという男が作ってくれた。娘のアリスが1歳くらいの頃だったから1977年か78年だね。子供のギターを作って小さいときに覚えることができたらいいなと思ったんだ。

でもあまりに素敵で美しかったからプレイさせなかった(笑)。そして忘れてしまっていたんだ!何年もケースに入れっぱなしだったよ。

これは今作の「Between Two Points」と「The Piper’s Call」で使っている。それまではアルバムで使ったことがなかったんじゃないかな。だから…1978年から持っているのに今回がデビューなんだ。

以下が“The Alice Guitar”を使用したという「Between Two Points (with Romany Gilmour)」と「The Piper’s Call」。先行で公開されたMVでは別のギターを手にしているが、ここで鳴るアコギのどれかが本器によるものなのだろう。

また、「David’s Guitars」の第二弾は、世界最古のエレキ・ギターとしても知られるリッケンバッカーの“フライング・パン・ギター”を紹介している。

ギルモア本人による貴重な使用機材解説ということで、今後どんなギターがピックアップされるのかにも期待したい。

『邂逅』デヴィッド・ギルモア

Track List

  1. Black Cat
  2. Luck and Strange
  3. The Piper’s Call
  4. A Single Spark
  5. Vita Brevis
  6. Between Two Points – with Romany Gilmour
  7. Dark and Velvet Nights
  8. Sings
  9. Scattered

<BONUS TRACKS>

  1. Yes, I Have Ghosts
  2. Luck and Strange (Original Barn Jam)

<日本盤CDボーナストラック>

  1. Scattered (Orchestral Version)

ソニー/SICP-31722(日本盤のみ高品質Blu-spec CD2)/2024年9月6日リリース

SNSでシェアする

アコースティックギターマガジン